カラコン 1年用の安全性

カラコン 1年用の安全性 カラコンは以前から安全性の問題が指摘されていいます。初期のカラコンですと、装着時にカラコンの色素が目に作用して、目にトラブルが起きてしまうようなこともありました。さらには、カラコンが異物になってしまい、アレルギー反応が出てしまうようなこともあります。また、目にフィットしないタイプのカラコンですと、装着しているときに大きな痛みを伴ってしまい、長時間安心して使うことが出来なくなってしまうこともあります。また、カラコンの材質によっては、目の中の水分を奪ってしまい、ドライアイになってしまうようなことも起こります。さらに、通気性の悪いカラコンを使ってしまうと、酸素が目に十分浸透しなくなってしまって、それが目にダメージを与えてしまうこともあります。他には、衛生管理の良くないカラコンを使ってしまうと、目に炎症が起きてしまうこともあります。そのような事態を避けるためにも、医師の診断に基づいて、自分の目にあったカラコンを購入しましょう。

カラコンは、一般のコンタクトと比較して衛生管理が難しい部分があるので、初心者の場合には、使い捨て(ワンデー)タイプのカラコンを使うのがベストです。ワンデータイプのような使い捨てタイプは、マンスリーや1年タイプのものほど衛生管理をこまめにしておくことはありません。ですから、炎症などのトラブルが避けられます。しかしながら、ある程度カラコンの使い方がわかってきたら、今度は自分のお気に入りのデザインのカラコンを長期にわたって愛用したいと考える方もいるでしょう。そのような方たちのために、1年タイプのカラコンが市販されており人気となっています。

一方で、1年もの間同じカラコンを使うので、品質面のことをよく考えて入手しないと大きなトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。安心で安全に使えるカラコンを探す目安としては、医療機器承認番号の有無があるかどうかです。承認番号の無いカラコンは安全性に疑問がありますので、使用は控えましょう。さらには、安全性の高い1年カラコンを使っていても、定期的に眼科での診断を受けて、日ごろから自分の目の状態を医師にチェックしてもらうことも大切です。万が一目の状態に何か不具合がある場合は、1年タイプのカラコンの使用避けたほうがいい場合もあります。

このサイトでは、現在巷で人気なカラコンと、さらに安心して使用できることが可能なカラコン 1年タイプの商品を紹介します。

最新ニュース